4月 112010
 

 連合町会の総会に相談役の2人も出席されていたので挨拶する。

 自治会の相談役ではなく、連合町会の相談役とのこと。

 なので、自治会の規約では、役員は会長、副会長、会計、監事の4人とすることでよさそうだ。

4月 112010
 

 13:00~15:40 連合町会会館での定期総会に出席。出席者は総勢40人強くらいか。

 2階のテーブル席に各町内会の新旧町会長、連合町会と福祉協議会支部の新旧役員が座る。すわる場所は特に決まっていないようなので、適当に空いたところに座った。各席には、350cc缶のお茶とスイーツが1つずつ配られた。

 議長は前期の副会長。最初は出席者全員の自己紹介。知った顔は同じ自治会の旧会長くらい。私よりも若そうな人は誰もいない。同い年くらいの女性が1人(もしかするともっと若いのかもしれないが)。

 前年度の事業報告、会計報告、監査報告、新年度の事業計画、予算と議題をこなす。資料を読み上げるので時間がもったいない気がする。新年度の予算の繰越金が間違っていたので、訂正のうえ再度配布されることになった。

 連合町会の議題が終わったところで、新年度の役員を決めるため、議事を進めていた2階の会場から、町会長だけ1階の座敷に移動。

 会長は前年度から留任。副会長2人、会計1人は会長の推薦を受けてきまる。残りは副会長1人、会計1人、会計監査2人、理事兼書記5名。町内会長はどれかの役職に就かなければならないとのこと。

 会計監査に立候補したが、希望者が4人いたため、じゃんけんで決めることになった。じゃんけんは強い方と自信を持って望んだが、敢えなく敗退。理事兼書記の職につくことになった。

 もっとも会計監査であっても、会議には毎回出席しなければならないとのことで、負担はそれほど変わらないかも。とりあえず、ノートに議事録を付けるのが仕事とのことだ。

 今日は各町内会の新役員の名簿を提出することになっていたようだが、準備をしていなかったため、次回の会議に提出することで会長の了承をもらったが、役員のなかに今日提出を求める人がいて、自宅に戻ってからFAXで連合町会会館に送ることになった。

 急ぎ家に帰り、名簿を作ってFAXしたら、電話がつながらない。仕方なく、直接会館に届けに行ったが、すでに入口が施錠され無人だった。

 初日からつまずいた。この先が思いやられる。

 次回は4月17日(土)18時から町会長会議。

4月 102010
 

0120の番号で始まる電話が午後7時すぎにかかった。0120はほとんど勧誘の電話なので、電話を取らないことが多いのだが、今日は出てしまった。東京の福祉(障害者支援)関係の○○(伏せ字ではなく名前を忘れてしまった)というところからで、町会の回覧板に通販カタログをいれてもらっているので、新しい会長さんにもお願いの連絡をしたとのことだ。

どんな団体で、通販の中身もわからないので即答で引き受けることはできないと答えたら、サンプルの資料を送るとのこと。資料が間に合えば、総会の時に会員に聞くことにする。

何で私の電話番号がわかったのかを訪ねたら、前役員から教えてもらったとのこと。内容の見えない団体に対し個人情報を教えるのは、事前に当人の了解をとってからとすべきだろう。私自身も気をつけたい。

4月 102010
 

 会員さんのお通夜に町会長として妻が参列。会計の方も一緒だ。香典は会計の方に用意していただいた。領収書の代わりとなる会葬御礼は、香典返しとともに会計さんに渡すつもりだ。

4月 092010
 

 昼間、喪主の会員さんから連絡があり、回覧板で訃報の連絡をしてほしいとのこと。

 通夜は明晩なので、急ぎお知らせの文書を作る。引き継がれた資料には、過去の訃報のお知らせは含まれていなかったので、事務的な文面で作成した。

 喪主の会員さんに文面をチェックしてもらい、各班長さん宅をまわり、回覧をお願いした。

4月 082010
 

 19時30分頃、会員さん宅からご尊父さんの訃報の連絡が入る。

 葬儀は身内でするので、回覧板での連絡は不要とのこと。町内会としての立ち回りルールが分からないので、右往左往。

 会計の引き継ぎもまだなようで、香料も出せない。葬儀までは少し時間があるので、その間に考えよう。

4月 072010
 

 監事(会計監査)の役を引き受けた会員さんから、高齢で身体の調子も悪いので監事を辞退したい、との連絡が母親のところにあった。

 もともと私たちの居ないところで、母親達で決めたことなので、当の会員さんがどういう形で了承したのかも分からない。

 ただ、過日に挨拶回りした時は、活動するのは少し難しいかなという印象だったので、無理には頼めないと考えている。それなら、最初に引き受けないで欲しかったな、と思う。

 辞退する方に後任の方と交渉してもらうのがよいと思うのだが、そんなことを言うと感情的な反応をされるだろうから、ここは筋を通すより、丸く収めることを考えなきゃならないのかなあ。

 とりあえず、週末までは扱いを保留。